全学共通プログラム(科目)について

 本学では、学生の主体的な学びを推奨し、特定の能力等を育成するとともに、高度な技能等の修得に資するため、次の全学共通プログラムを設けています。この全学共通プログラムの修了は卒業要件ではありませんが、効果的な学修のため、積極的に全学共通プログラムを履修することを推奨します。

グローバル英語プログラム(GEP)

プラクティカル・イングリッシュを基礎に、全学共通科目と専門科目を系統的に履修して、海外の大学で学ぶ、あるいはグローバルな視点を持って活躍できる能力を養成する教育プログラムです。TOEIC 550点相当以上を取得している学生を対象とします。

  • 詳細はこちら(835KB)をご覧ください。
  • プラクティカル・イングリッシュはこちら(114KB)をご覧ください。

日本語教育プログラム

外国語としての日本語を指導するために必要な専門的基礎知識と基礎能力を修得するための教育プログラムです。人文社会科学部、及び教育学部の学生を対象とします。

地域志向教育プログラム

地域課題を解決し、地域を活性化する、地域に頼られ、地域を先導できる学生をアクティブ・ラーニングの手法を用いて育成する教育プログラムです。

  • 詳細はこちら(460KB)をご覧ください。
  • H30年度科目「5学部混合地域PBLⅠおよびⅡ」説明会資料および授業(フィールド)の点景はこちら(2.25MB)です。

地域協創人材教育プログラム

地域志向教育プログラムに加えて、「地域理解力」、「地域の課題発見・ 解決能力」及び「実践に即したプロジェクト企画能力」を有する学生を育成する教育プログラムです。 茨城大学をはじめとして、茨城キリスト教大学、茨城県立医療大学、常磐大学、茨城工業高等専門学校が協働して実施します。

AIMSプログラム

(ASEAN発、環境に配慮した食料供給・技術革新・地域づくりを担う次世代人材養成プログラム)

アジアを舞台に、未来を担う学生の相互学習交流を飛躍的に促進し、国際的な視野をもった専門職業人を育成し輩出することを目的とした、アジア発の国際共同教育プログラムです。 人文社会科学部、理学部、農学部の学生を対象とします。 AIMS とは、ASEAN International Mobility for Students の略です。

  • 詳細はこちら(413KB)をご覧ください。

ページトップ