ITによる授業高度化・データサイエンス

全学教育機構では、IT基盤センター教育IT化推進部門と連携し、ITによる授業の高度化支援を行っています。

また、近年では、AI・データサイエンスに関する教育プログラム開発も進めております。

LMSの活用

教務情報ポータルシステム・DreamCampusには、LMS(Learning Management System)があり、出席、資料配付、小テストの実施など、授業の高度化、効率化を図るツールが備わっています。

また、ポートフォリオなどを含め、学生指導、学修成果の確認などの機能もあります。

・様々な機能については順次、リリースを進めています。

BYODについて

平成32年4月から、本学では、BYOD(Bring Your Own Device)が実施され、学内の学生用PCは、原則なくなります(学部、大学院での教育用の特殊用途のものを除く)。

教育改革推進委員会のもとにBYOD活用検討TFを設置し、さまざまな調査、調整を進めています。

全学生が何らかの情報端末を全員持っているという前提で、これまで以上の教育の高度化を進めていきます。

情報リテラシー相談室2019前期チラシ(680KB)
h31-04_i_literacy_byod-1.jpg

学内WiFiにつなごう(537KB)
h31-04_wifi_connection.jpg

・情報リテラシー相談室の利用者アンケートはこちらです。

問い合わせ

IT基盤センター、学務課

各種アンケート

授業アンケートのweb化などを進めており、回収率の維持と授業改善への活用支援を進めています。

これまで、学生のみなさんにも開示していた授業アンケート、授業点検の結果については、全学共通設問化などの進展などにより公開を休止しています。

また、学生生活実態調査や新入生調査などの学生調査の結果については、総合教育企画部門のサイトに掲載を順次進めています。

自律的学習支援

本学では、自律的学習支援として、学習環境の整備を行っています。ラーニング・コミュニティ形成のためのラーニングコモンズも学内で開設、運用しています。

複数のe-learningシステムも運用されております

AI・データサイエンス

AI、データサイエンス、IoT、機械学習、ディープラーニングなどをキーワードに社会におけるデータの流れや活用方法などを体系的に学ぶプログラムの開発を進めている。

第4次産業革命としてのIoTやAIが及ぼす社会への影響などを理解し、それぞれの学生の専門性に新たな視点を加えていきたい。

現在、パイロット授業である「AI・データサイエンス入門」を開発し、平成30年度から運用を開始した。

ページトップ