全学教育機構長挨拶

 全学教育機構は、本学のDPに即した人材を育成するため、全学的な観点から、教育・学生支援活動に関する企画、調整、運営、実施、評価等を総括的に行うことを目的に、平成29年4月1日に本格稼働しました。

 当機構では、継続的な改善を伴う教育の質保証の全学的な統括、共通教育や学生支援の企画・運営、グローバル教育の推進などを担うため、総合教育企画部門、共通教育部門、学生支援部門、国際教育部門という4つの部門に4つのセンター(共通教育、学生支援、キャリア、グローバル教育)、茨大なんでも相談室とバリアフリー推進室の2室を設置しています。

 部門には専任教員を配置し、センターには事務職員を配置し、学生の窓口業務を担当しています。総合教育企画部門は、教学マネジメント支援のための各種企画、調整を行い、共通教育部門は、基盤教育、プログラム教育及び大学院共通教育を担当しています。学生支援部門では、学修、生活、心身の健康、就職等のトータルなサポートによる学生の成長を促す学生支援を行い、国際教育部門では、留学生教育及び日本語教育を実施し、国際社会に適応し活躍する人材を育成するためのグローバル教育を推進しています。

 当機構が発足以来、順調な歩みを続けることができたのは、学内外の多くの方々の献身的なご尽力やご協力によるところが大であり、関係各位に厚く御礼申しあげます。また、スタッフ一同がそれぞれのミッションに則り、業務に励む所存であります。

全学教育機構長/副学長(教育改革担当)
栗原 和美

ページトップ