英語学習相談・トレーニング

茨城大学では、2004年度より、基本的に、ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)に依拠した茨城大学独自のレファレンス・レベルを策定し、レファレンス・レベルに基づいたCan-do Statementを作成して、教員、学生ともに、クラスの目標を具体的な形で共有しながら英語の学習を進めています。

その中で、自律的学習はクラスでの学習に並んで重要な活動です。当機構では、学生の英語力、コミュニケーション力、学習方法の改善、向上を支援するため、英語教育の設計、運用、実施、点検、改善だけでなく、次のような活動も行っています。

茨大生の英語学習を応援するためのIUPE Newsletter

第1号(485KB)      第2号(283KB)      第3号(268KB)     
第4号(285KB)

英語学修相談室

  • 当機構の英語教員による英語学修相談を受け付けています。
  • 英語学修方法について知りたいこと、疑問に思うこと、アドバイスが必要なことなど、気軽に相談してみましょう。
  • 担当は、福田浩子教授(共通棟1号館303室)、 上田敦子准教授(共通棟1号館211室)、 大森真専任講師(共通棟1号館232室)、大山廉助教(共通棟1号館)です。
  • 予約などは特に必要ありません。教員が不在の場合には、別途掲示を行います。

英語学修相談室 フライヤー(727KB)

Chatting Time ※予約制

予約・日程確認はこちら

  • 当機構教員を中心とした(ネィティブスピーカーら)による個人レッスンです。(無料)
  • 本学学生(学部、大学院の正規学生)なら誰でも利用できます。
  • マンツーマンだからこそ、個々のレベルに合わせて丁寧で効果的なレッスンを行うことができます。
  • また、発話時間も可能な限り多くとることで、参加者自身の発話能力を高めていきます。
  • 個人に合わせたフィードバックにより、苦手克服と補強すべき部分を効果的に把握できます。
  • 決まったテキストはありません。レッスン内容は、ご自身の希望に沿って自由に設定できます。

Chatting Time フライヤー(1.55MB)

ネイティブ教員(全学教育機構)と英会話プライベートレッスン

授業内外で必要な英語リスニング・スピーキング力を養うサポートをします!

  • 担当は、当機構、館深雪専任講師(共通教育棟1号館2階218室)です。
  • 原則、毎週月曜日 14:00~15:00 (1レッスン20分)に実施していますが、申込みサイトで確認してください。

ALCネイティブ講師による英会話プライベートレッスン

  • (株)アルクの英語ネイティブスピーカーによるレッスンです。2、3名でのグループ受講もできます。
  • 時間は、13:00~18:50で、1人(グループ)30分となります。日程は、上記申し込みサイトで確認してください。
  • 会場は、図書館2階グループ学習室(S1)です。

問い合わせ先

  • 共通教育棟、人文社会科学部C棟で実施するものなど全般:学務課共通教育グループ(共通教育センター) TEL:029-228-8415
  • 図書館で開催するもの:図書館本館サービスグループ(情報支援担当)TEL:029-228-8077,E-mail:jos-ill@ml.ibaraki.ac.jp

また、これらのe-learningシステムも利用できます。

ALC NetAcademy NEXT

  • 新システム(2018年4月から稼働。スマホ等でも利用できます)
  • TOEIC(R) L&R テスト突破コース (500点・600点・730点)
  • 本学学生(学部、大学院の正規学生)なら誰でも利用できます。

詳細はこちら

ALC NetAcademy2

  • ALC NetAcademy2 旧システム(スマホ等に対応していません。PCから利用してください)
  • スーパースタンダードコース、英文法コース、スタンダードコース、TOEIC(R) テスト演習2000コース
  • 本学学生(学部、大学院の正規学生)なら誰でも利用できます。

詳細はこちら

問い合わせ先

学務課共通教育グループ(共通教育センター) TEL:029-228-8415

関連項目

ページトップ